舟田 朱里Veterinarian Dr.A.Funada

獣医師

病気が進行して症状が出る前に

わんちゃんねこちゃんは人間と比べて歳をとるのも病気が進行するスピードも早いので、若い子は年に一度、中高齢では半年に一度の健康診断をお勧めします。また、体重管理や予防接種、避妊去勢手術の啓発等の予防医療も含めてご家族が健康でいられるようサポートしていきたいと思います。

わんちゃんやねこちゃんと飼い主様を第一に考えて

独断で検査や治療を行うのではなく、飼い主様とのコミュニケーションを大切にし心配事や不安要素をできる限り解消できたらと思います。検査や治療法などの選択肢をいくつか提案し飼い主様と相談しながらわんちゃんねこちゃんにとってもベストなプランを立てられるように勉強中です。
飼い主様のもとから離れて何らかの処置を行うことは飼い主様はもちろん、わんちゃんやねこちゃんも不安だと思います。なるべくストレスの少ない方法で、どんな検査や治療を行うのかなどの明確な説明をして飼い主様の同意を得る「インフォームドコンセント」を常に念頭に置いて安心してもらえる診療を進めていきたいと思います。